スマホ副業で効率的に稼ぐなら動画を活かせ!5つのポイントとは

1.はじめに

スマホを電車の中で操作する光景は、日常的なものになりつつあります。ネットサーフィンを楽しんでいる人が大部分ですが、中にはスマホ副業の実践者も存在しているのです。

スマホ副業は宣伝媒体に人を集めてから、アフィリエイト広告を紹介します。アフィリエイト広告の紹介が捗るほど、広告主からの報酬額が大きくなるのです。宣伝媒体の人気によっては、アフィリエイト報酬が平均的なサラリーマンの給与を上回る事もあり得ます。

しかし大部分のスマホ副業の実践者が、苦戦を強いられているのが現状です。スマホ副業の参入者が増えた事によって、競争が激しくなっています。思い付きで行動を起こしても、アフィリエイト広告の宣伝は難しいのです。スマホ副業を成功へと導きたいなら、コツを知った上で活動すべきだと言えます。

スマホ副業において適切なやり方を知っているだけで、稼ぐ効率がアップするのは間違いありません。

2.話題の動画をチェック

スマホ副業を実践するタイミングは、隙間時間が中心になります。僅かな時間を駆使して、最大限の利益を得られるからv副業は魅力的です。

しかしスマホ電話のユーザビリティは、パソコンと比べると大きく見劣りします。複数の画面を立ち上げながらの作業が難しく、普通のやり方では集客用のコンテンツ作成が大変です。

その問題から逃れるには、既に完成しているコンテンツを応用すべきだと言えます。具体的には動画サイトを巡回して、魅力的な作品を探し回るのです。話題になっている動画は、再生されるだけでなく検索エンジンでキーワード入力されます。

動画作品の作成者以外でも、恩恵に預かるチャンスがあるという事です。

3.ブログで関連付け作業をする

多くの人の注目が集まっている動画を見つけたら、所有しているブログに情報を書き込みます。記事作成のアクションを行い、人気の作品のアドレスと記述するのです。

スマホがパソコンよりも操作し難かったとしても、アドレスをコピーして貼り付ける事は簡単だと言えます。ブログで作成された記事は、直ぐにコンテンツとして公開されるのです。

動画サイトのユーザーの立場で考えれば、動画サイトを丁寧に巡回するよりも、人気作品が集まっているブログの方が探すのに便利だと言えます。

人気の動画作品のアドレスを記事として書き込む事で、魅力的なコンテンツを短時間で作成するのが狙いです。

4.簡単な説明文を載せる

しかしブログでアドレスを関連付けるだけでは、どんな作品かをうかがい知る事が出来ません。英語表記されているインターネットアドレスだけでは、いちいちクリックして動画を再生しなければならないのです。

それでは閲覧者に面倒さを感じさせてしまうので、魅力的なコンテンツとして考えるには不足があります。宣伝媒体が魅力的なコンテンツとして機能しなければ、アフィリエイト広告の宣伝が捗らないので問題です。

だからアドレスを記述すると同時に、動画のタイトルと説明文を書きます。説明文に関しては長々とした構成にする必要がありません。動画の内容の細かい部分まで書いてしまうと、再生する前に興を削いでしまいます。

簡単な説明だけを書く事で、ユーザーの興味を惹くと同時に作業時間の短縮を狙えるのです。

5.ブログの下書き機能を駆使

スマホ
副業は空いた時間に進めていく事になるので、途中で中断しなければならない事がよくあります。不完全な情報を公開してしまうと、宣伝媒体の信頼度が損なわれるのは注意すべきです。

宣伝媒体の名前に傷がつくような事があれば、スマホ副業の結果にも悪い影響を与えます。

完成する前の記事を管理したい場合には、ブログサービスの下書き機能が便利です。下書き機能で保存した記事は、インターネット上で公開されていません。記事が完成するまで下書き機能で保存しておけば、メモ帳の様なセーブ機能を持つソフトを使って記事作成をする手間は不要になります。

6.細かい管理が大事

動画を使ったスマホ副業が効率性に長けているのは確かです。しかし人気動画だけに注目していると、関連付けしている作品のジャンルがバラバラになってしまいます。

過去の人気動画を見たいと思った人は、情報を掘り起こすのに苦労する事になるのです。結果的に人気動画を関連付けしているブログは、一味足りないと評価が下されてしまいます。

閲覧者が使い易いブログを用意する事が、スマホ副業の基本ルールです。使い易いコンテンツには人が集まり、アフィリエイト広告の宣伝が上手くいきます。記事作成によって関連付けした動画は、ジャンル分けをする等の管理も大切です。

作業がひと手間増える事になりますが、スマホ副業の成功確率を飛躍的にアップさせる効果があります。

7.まとめ

動画サイトは完成されたコンテンツの集合体です。それを転用する事によって、コンテンツ作成の無駄を省けます。

そして上記のやり方は動画サイトと同じく完成しているコンテンツが相手なら応用する事が可能です。将来的に注目のコンテンツが登場した時は、試しに応用してみる事を推奨します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ